工口アニメ

工口アニメの幻の名作がある──!そんな情報を聞きつけた我々取材班は、広大なネットの海をわたり、ついにその入口へと足を踏み出したのだった。隊長を先頭に先へ進む隊員たち。その先に現れたものとは──!

このサイトには未成年には刺激の強い内容が含まれております。
小さなお子様などがご覧になられない様ご注意下さい。
ENTER

探検隊とは秘境、もしくは遺跡などを探索し、有形無形を問わず価値のあるものを探す事を発見する事を目的とした部隊。小規模だと3、4人から、大規模になると数十人単位にもなりうる。有名なものはテレビ朝日「水曜スペシャル」の川口浩探検隊など。何世紀も昔になれば金銭的価値を求める目的で探検隊が編成された時代もあったが、現代では学術的発見を目的とする場合がほとんど。世界中で拾得物管理に関する法律が定められるにしたがってトレジャーハント的な探検は意味を成さなくなったためである。前出の川口探検隊は娯楽番組として作られたもので、例えば「アマゾン川流域に幻の動物ほにゃららを見た!」といった感じのノリと過剰な演出が視聴者に受け大人気となった。現在中高年以上の人は大概一度くらいは見た事があると思われる。結局最後には「残念ながら今回はほにゃららを見つけることは出来なかった。しかし、この広大な森林の奥にまだ前人未到の場所が続いている。ほにゃららはそこにいると我々は信じている」とか言うナレーションで終わる場合がほとんどだが、過程を楽しむものだと多くの視聴者はわかっていても楽しんでいた…はず。途中、番組にヤラセが発覚したとかで問題になった。このサイトはヤラセとかないですけどね、念のため。繰り返すけどヤラセとかないよ。大事なことなので二回言いました。なお、20世紀には様々な有名大学の教授などが探検隊を編成し、UMAの調査に乗り出した記録が数多く残っているが、やはりその大部分は正体を特定できていない。高価な調査機材や旅費などが工面しづらくなってきた為、夢追い人たる探検隊は現在では絶滅危惧種といえるかもしれない。21世紀になった今でUMAは調査対象ではなく、各地域の観光資源、村おこしのための話題として収益源となっている側面が大きい。浪漫も半世紀の時間を経て、地方財源へと姿を変えてしまったようだ。レッドアニマル指定して探検隊を保護するべく各国政府は至急対策するべき。工口アニメ探検隊も法条例の改悪と日々戦って、なんとか絶滅を回避していますよ。当サイトでは児ポ法改正と非実在青少年育成保護条例に心の底から反対しています。みんなも工口アニメを守るために戦おう!

こちら↓から退室するとYahooJAPANへと移動します。移動するけど…
見過ごしてしまって本当にいいのか!?

諸注意 アクセス サイトマップ

Copyright ©  2008  mozaic-wav.com All rights reserved.