エッチな4610虎徹

エッチな4610を右手に掲げ、今まさに帰らぬ戦いに赴こうとしている・・・。最強の作品を求めて、今宵も虎徹は女に飢えておる…!


入口


虎徹は江戸時代の刀工の一人、もしくはその作品である刀剣の俗称として知られている。正しくは長曽禰興里(ながそねおきさと)という名の刀工で、元は甲冑師が本業だったという異色の刀工である。その作である刀剣は長曽禰虎徹の名で実用面、美術面共に高い評価を得ており、現存するものはほぼ全て重要指定文化財などに指定されている。また、当時は「(刀剣の)虎徹を見たらまずは偽物と思え」と評されるほどに名ばかりの偽物が横行するほど珍重されたというほどで、大名たちの間ではこの所持は一種のステータス的な部分もあったとさえ思われる。ここは別に偽物じゃないけど。長曽禰虎徹には特徴として大刀と脇差が多い。本刀の有名な使用者としては試衛館の4代目館長、近藤勇(後の新撰組の局長)などがいる。舞台劇でも使用された「今宵の虎徹は血に飢えておる」という台詞は誰もが知るワンシーン。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
EXIT


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright © 2008 mozaic-wav.com All rights reserved.