裏ムービードットコム

裏ムービードットコムは熟成された最高峰の作品ばかりが並ぶ、動画界の女王とも言うべき存在。チーズに例えるならそう、カマンベールチーズってところです。白く穢されることでおいしくなるとかもうどれだけエロいんだと。



入口






カマンベールチーズとは、表面に白カビを育成させることによって熟成させた軟質チーズの一種で、1791年頃にマリー・アレルという女性によって開発されたといわれている。フランス、カマンベール地方の特産品。コクがある甘みの強い味わいが特徴で、赤ワインのほか、近年ではブランデーなどのつまみにも用いられる。日本で流通しているものはほとんどが殺菌処理済のもので、熟成も止まってしまっているパックや缶入りばかりだが、本場では無殺菌のものが主流である。製造時にはホールケーキのような塊となっており、現地ではその塊のままで流通していることも多い。フランスではチーズの審査が厳しく、地域によっては銀行などでの借り入れ時の担保にチーズを預けることすらできる場所もあるということからもチーズ製造業の重要性が伺える。近年、日本国内でも需要が高まっており、元来主流であったチェダー系に迫る勢いとなっている。滑らかな味に芳醇な香りを楽しめ、最近の発泡酒・ビール離れに伴ったハイボール等の流行(蒸留酒需要の増加)にも影響を受けていると考えられる。各国のチーズ消費量は飲用アルコールの種類別消費量と深く関係しているとされ、ワイン及び蒸留酒の消費が多い国ほどカマンベールチーズの消費も増える傾向にある。また、日本ではゴーダやブルーチーズが人気が低く、他国でそれらの需要に相当している大部分をプレーン、チェダー、カマンベールが賄っている。価格はプレーンよりも1.3〜2倍程度の範囲からと主に安価な製品が供給されている。独特の甘みが女性にも人気となっており、今後も需要が増え続ける見込みがあるといわれている。上質なものは高級品で、無殺菌のまま高額で取引される為に日本にはほとんど流通しない。衛生問題などの都合もあり無殺菌のままで日本に輸入するのは難しく、口に出来る機会はめったにないし、あっても我々が思いもしないようなチーズとは思えない金額を提示されることになる。もっとも、安価な国産品や殺菌済み輸入品であっても相応に美味しいものが多量に出回っているのでよほどの贅沢をするのでなければそれでも充分にいけるのではないかと思う。

こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
EXIT


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright © 2008 mozaic-wav.com All rights reserved.