用語集・・・のような何か

このサイト内で使われている固有名詞などをわからない人向けにいくつかご紹介。
なんとなく知っているとオーディオ通になれた気分になる程度の基礎知識も追加してみました。

カナル型
簡単にいうと耳の中に入れるタイプの、イヤホンに近い形状のヘッドフォン。インイヤー型も同様と思ってもらってよい。
っていうかイヤホンとしか思えない。

オーバーヘッド型
一般的なヘッドフォンの形をイメージしてください。そう、その形のヤツです(笑)
頭の上のヘッドバンド部と耳にかぶせるハウジングで固定、構成されている良く見かける形状のもの。

開放型(オープン型)
ハウジングに穴が開いており、音が外に漏れるタイプ。
音場が広く感じる事ができ、音がこもらないメリットがある。
反面、外の音も聞こえてしまう、音漏れがするので屋外使用には向かないなどのデメリットもある。

密閉型
ハウジングが密閉されており、音漏れが少なく純粋に音楽を楽しめる。
しかし、外の音もまったく聞こえない(屋外での使用時には危険が迫っていても気付かない)などの問題も。
また、音がこもりやすいためにくぐもった音質になりやすい。

コンデンサ型
カナルやオーバーヘッドが形状分類なのに対して、コンデンサ型とは音を鳴らす原理の違いによる分類の一つ。
緻密な構造で衝撃や湿気に弱く、また大変高価なので一般的ではない。
日本ではコンデンサ型を製造しているのはSTAX社のみ。

ダイナミック型
流通しているヘッドフォンのほぼ全てがこのダイナミック型に分類される。コンデンサ型と同様音の鳴らし方の違いによる分類。

ハウジング
ハウジングとはヘッドフォンの耳あて部分の外側にあるスピーカーを内蔵している部分のこと。
ハウジングについている直接耳に当るクッション部分はイヤーパッドと呼ぶ。

フラット
平坦を意味する言葉で、オーディオ用語としては均一な音質を表す。
低音、中音(ボーカル域を含む)、高音のそれぞれにおいて原音に近い安定した音の方向性。

ドンシャリ
低音域と高音域が突出して強く出て、中音域がやや引っ込んだ形状の音質のこと。
ボーカル曲だと声量が不足して聞こえがちになるが、声よりも旋律を重視して聞きたいユーザーには好まれる傾向がある。
また、激しいアップテンポの曲が一層激しく聞こえるため、ロックやテクノ好きなどにも愛用者は多い。

アンプ
ヘッドフォンないしはスピーカーと、音源であるプレーヤーとの中間に設置する装置で、電流の正常化を目的とする。
これにより音量の増幅、ノイズの除去などといった効果を得る事ができる。
また製品によってはイコライザーやフィルター機能なども搭載しているなど、音の方向性そのものにも影響を与える場合もある。
しかしながら一部の安価なポータブル用を除くと大変高価な機器なのでここでは推奨しません。
当たり前のように10万円単位の話になるので、ぶっちゃけ管理人もはじめて知った時には思わず噴出しました…。
どうしても欲しければポータブルで安いのを探しましょう。安いと2〜3000円のものもありますよ。

SENNHEISERのHD215
ドイツの音響メーカー、ゼンハイザーのミドルクラスのヘッドフォン。オープン価格だが実売15000〜20000円前後。
全体的にフラットな安定した音を出すのでバランス良く何を聞くにもそこそこの性能がでます。
ハイエンドで一万円台の入門偏には結構オススメ。汎用性の高さが売り。

BOSEのQuietComfort
かの有名なボーズの輸入モデルで、重低音などのメリハリがやや強いシャープな音を楽しめる。
ノイズキャンセリング機能が実装されていて外部の雑音がほとんど入ってこない。
数種のモデルが出ているが価格は2〜4万とモデルによってまちまち。QuietComfort2がもっとも使い勝手が良く25000円前後と手頃。
BOSEはヘッドフォンさえあれば他の増設がなくても充分その音を楽しめるが、アンプとか音源とかで色々使い分ける楽しみに欠ける。
経済的負担が少なく、知名度もあって概観もスタイリッシュ。外でも屋内でも兼用できるベターな1本。

Audio-TechnicaのATH-Wシリーズ
国産メーカーでシャープな高温の伸びに定評があるオーディオテクニカの人気モデル。
同モデルに使用されているウッドハウジングはハウジング部分が木製のものを言い、柔らかい音の響きに独特の伸びが出る。
高低音が柔らかく伸びるが中音が透き通るという不思議な音感が心地よい。スローテンポの柔らかい曲がお好きな方は是非。
実売価格はATH-W1000が35000円から、最上位機種のATH-W5000が7万円からとやや高いので音響マニア以外には少々高価すぎかも。
ウッドを諦めればATH-ES7あたりが10000円くらいからでかなり綺麗な音が鳴りますよ。ES7は水音とか鳴らすとハッとするほど素敵w
※:ATH-W1000は最近中古なら15000円くらいでも出物があるらしいので、興味ある方は探して見ると良いかも。

KOSSのPRO4AAAT
アメリカのメーカーKOSSの人気(?)モデル。実売価格も20000円弱と手頃。
白いボディがちょっとおしゃれな感じ。音の広がりが良く、開放感のある印象で聞けるので結構お勧め。
若干外部に音が漏れるので、外での使用には向かないので注意しましょう。
アンプがないとちょっとボリューム小さめになってしまうので、聞いてる途中にうっかりプラグを抜くと大音量で音を撒き散らす大惨事に。
しかし、その分ノイズ除去能力も高く、オーディオにはまった人が2,3個目に買うのに良さげなモデル。
柔らかいドンシャリというか、やや高音がキンキン言うタイプなのでちょっと癖がある。高音フェチにはたまらない感じ。
意外と女性ボーカルが鋭く通る感が独特で面白い。実は欲しいけどまだ買ってない。今年はコレ買おうかなー。

beyerのDT990PRO
開放型の傑作モデル。唯一の欠点はオープン型なので音漏れには注意が必要なことと、そのボリュームの小ささ。
なのでプレーヤーの音量を上げるかアンプ繋ぐかして解消すれば完璧。あれ、唯一とか言って二つあった。
実売も新品で7〜8000円程度と安価だが、低音のかっこよさがハンパない。JPOPから演歌まで日本の楽曲にも比較的良くあう。
声の高い男性ボーカルか声の低い女性ボーカルを聞くにはかなりの高性能を見せてくれます。
イヤーパッドがベルベット生地で長時間使っても耳の圧迫感が辛くならないというのも大変良い。
隠された売りはこのメーカーのサポート姿勢。PRO使用モデルは交換部品の生産停止をしないという体制で、故障した場合にも安心。
「モデルチェンジしたので部品がなく修理できません」という事態が絶対にないという素晴らしさ。
まぁ、強度もかなりしっかりしているので乱暴にしなければ大概は壊れませんけどね。
音響を仕事にしている人にもオススメできる良質モデルですよ。

STAXのSR-001MKU
コンデンサ型と呼ばれる特殊なヘッドフォンで、国内の最高級メーカーの一番手頃なモデル(笑)
コンデンサ型は他(ダイナミック型)と比べ独特の澄んだ精密な音を再現してくれる・・・けどちょっと価格が高めなのが珠に傷。
このモデルは実売25000円前後ですが、最高機種はおよそ30万かかるのでオーディオマニア垂涎の世界です(^^;
シリーズ中でもこのSR-001MKUのみカナル型みたいに耳穴に入れる部分があるので、密閉性が出る反面装着感に好みが分かれます。
私はカナルとかインイヤーの装着感はあまり好きではないのですが、それが気にならない人なら音質はお墨付き。
特に シャンソンとかジャズとか聴く人にはピッタリの優しい音色が特徴。
夜の街、ネオン街のどこかもの寂しい喧騒をイメージさせる、そんな大人の音が楽しめますよ。

AKGのK530
ドイツ(というかオーストリア)のメーカーAKGの、比較的若い人に人気のヘッドフォン。
白くスタイリッシュなデザインがヤングに馬鹿受け(死語)
低音高音の両端がやや強く(いわゆるドンシャリ)、癖があるのでアップテンポの音楽などを聴いたりする人に結構お勧め。
実売価格は18000〜25000円前後。この前女子校生がコレ付けてるの見てびびったw
男女を問わずに使えるデザインは洋間やダイニングにさりげなくマッチする。
同メーカーの製品でも一番スタイリッシュで、価格と性能のバランスも良い。
中音〜低音域がやや強めで、ソプラノ系女性ボーカルが映えてひとまわりかっこ良く聞こえる感じ。
男性ボーカルはちょっとドラムやベースに埋もれがちになりうるので要注意。
最近アニメの影響だかでこのメーカーの最上位モデルが人気だとか。
普通に買うと5〜8万くらいなんだけど、この前25000くらいで出物発見。
しかし、このK530買った直後でお金がなかったという孔明の罠。

ULTRASONEのProシリーズ
コレもドイツメーカーなのですが、前方定位という独自の技術によってスピーカーのような音質を再現できる特殊なヘッドフォン。
普通のヘッドフォンは頭の中で音がなる感じですが、この技術によりおでこの前辺りでなっているような感覚で聞こえます。
音響定位の再現性は他のヘッドフォンでは絶対に追いつくことの出来ない独壇場。
また、S-LOGICという電磁波低減機能付で、普通のヘッドフォンより電磁波による体への負担を9割減という謎の性能も(○ω○)
音質は柔らかい高音が得意で、価格はモデルによりまちまちですが、実売2〜6万円の範囲で見つかると思います。
初心者へのオススメはDJ-Pro。価格も安目だしポップやテクノ、ヒップホップなどリズム感重視の楽曲にも強いので結構よい。
クラッシックやシャンソンなどを聴きたい大人のオーディオ趣味ならPro550あたりがお手頃。
そのPro550は様々な国(主に欧州圏)のスタジオでも現役でモニタリング用に使用されているほど。
イヤーパッドが簡単に交換できるので、同シリーズ別モデル用の交換用パッドを買って付け替えるなどといった楽しみ方もできます。
個人的にはすごく好きなメーカー。管理人は現時点でPro750の旧モデル使ってますが、そろそろ900が欲すぃ。

KenwoodのK-1000
カーオーディオやスピーカーなどでも皆様お馴染みのKenwoodさんのヘッドフォン。
ボーカルの艶とかがすごく綺麗で、特に中音女性ボーカルを美しく聞かせる能力はピカイチ!
フラットかドンシャリかと聞かれたらフラットだけど、解像度が高いせいですごく透き通ったメリハリのある音を出します。
現時点ではメーカー唯一のヘッドフォンでありながら、他社製品のフラッグシップモデルと比べられる高性能。
しかもこれまた中古なら1万5千円前後からであるのでコストパフォーマンスや能力を考えてもダントツでオススメできる逸品。
他メーカーで同じレベルのクオリティを探すと1.5〜2倍近い価格になるだろう。
現物が少しづつ市場から消え始めているので探すなら早目がオススメ。っていうかみんな、私が買うまで待ってくれ!w
ハウジングが幾分大きめなので女性が着けるとちょっとごっつく見える。

DENONのD1000
これまた海外メーカーの低価格人気モデル。
大手家電量販店でも見かけるので入手難易度は低め。
価格も10000円程度で、このシリーズはD500などの4〜5000円程度のさらに安価なモデルもあったり結構手軽に買えます。
低価格帯の中では群を抜くクオリティで、落ち着いた強めの低音と、やや薄目だけどすっきりした高音が特徴。
ケーブル強度が弱めなのでそこは取り扱いに注意してあげましょう。
丁寧に扱ってあげれば安目のモデルでも長く使える結構良いシリーズですよ。
上を見ると昨年の新モデルD7000とかは10万前後する真・ハイエンドまでいっちゃいますけどね。

PANASONICのDJ系モデル
国産メーカーでは比較的ドンシャリが強いと思われる。
モデルにより差が大きいが高額になるほど良いというわけではなく、稀に安価ながら素晴らしいモデルが存在する。
入手も容易で3〜5000円程度でもかなり良品があるので低価格帯商品を探すならコストパフォーマンスは最上級。

購入
通販でも良いですが、ヘッドフォンは視聴できる場所で実際に聞いて選ぶ方をオススメしますよ。
裏ビデオだって無料サンプル見てから選びたいじゃないですか。
それと同じで、音質の好みの差とかヘッドフォンの装着感とか色々あるので実際に着けて聴けるお店へ行くのがよいかと。
関東圏なら世界一有名な電気街か中野ブロードウェイ辺りがオススメ。新品ならDA5555、中古ならFAで探すのがスタンダードコース。



S●NYですか?あそこは個人的にあまり好きじゃないんですが…まぁ一応。
世界に誇る日本最大級のオーディオメーカーで、クオリティにも定評がある…が、電子制御製品の初期不良メーカーとしても有名。
そういったことからも新製品を買うと失敗するので、半年は待ってから買うと良いと事情通には特に有名。
ハイエンドクラスのヘッドフォンに至っては現在販売されているシリーズはほとんどが良質のフラットタイプ。
プロのスタジオでもモニタリングに多様されるほどの安定性だが、標準過ぎて面白みに欠けるということから好みは別れる。
実売2〜30000円程度でほぼプロ使用レベルのものが使用できる。
日米辺りでは結構人気だが、音響業界のライバルとも言えるヨーロッパなどではいまいち不人気らしいです。


その他のメーカー製品
数多くのメーカーが色々な製品出していますが、残る良質のメーカーはほんの一握りだと思います。
ヘッドフォンの魅力に取り付かれた人でなければ手を出さないし、取り付かれた後ならいつか自然とその名を目にするはず。
そんなわけで以下省略っ!
正体
このサイト、知り合いに見られたらこのヘッドフォンのラインナップで管理人の正体がばれるんだろうなぁ…

  戻る

Copyright © 2008 mozaic-wav.com All rights reserved.